株式会社デジタルワークス
Caraudio-Systems Vertriebs GmbH, CONNECT2, D.M.S 正規日本代理店

DBL-FX3(MINIビジュアルブースト装備車用 詳細)

dbl_fx2

steering_mode_e90


new_idrive


f01_programmable_button

fx2_pbyp_e63

地上デジタルTV
フル画面表示例(R56)

fx2_pbyp_e63_r

地デジ/純正画面
P by P表示例(R56)

fx2_pinp_1_4_rd_e63

バックカメラ
フル画面表示例(R56)

fx2_pinp_1_8_rd_e63

地上デジタルTV
フル画面表示例(R61)

dtuner_full_new

地デジ/純正画面
P by P表示例(R61)

fx2_pbyp_5_5_r_e63

バックカメラ
フル画面表示例(R61)

 

弊社オリジナル新画面スタイル追加で純正モニターをより有効にスマート活用。
BMW1/3/5/6/7シリーズ/Z4/X1/X3/X5/X6の新型iDriveメニュー車
およびMINIビジュアルブースト装備車

BMW/MINIビジュアルブースト高精細デュアルスクリーンインターフェース
MINIビジュアルブースト装備車に追加対応しました。

DBL-FX3 オープン価格

全て新設計のMADE IN YOKOHAMA


* MINI(R55/R56/R57/R58/R59/R60/R61)純正アクセサリー採用製品
(※ MINI純正アクセサリーのMINI地上デジタルTVパッケージおよびMINIリア・ビューカメラパッケージは専用モデルのインターフェースとなっておりDBL-FX3と一部仕様が異なります。)

地デジ専用AV入力 | 汎用AV入力 | バックカメラ入力 | 「HCE-C212FD」/「HCE-C250FD」専用フロントカメラ入力 | ジョイスティックコントロール | 地デジ/純正画面ピクチャーインピクチャー表示 | リバースギア連動/マニュアルギア対応 | iPod入力(オプションケーブルが必要)| AV画面リアモニター出力


MINIビジュアルブーストに社外品の地デジチューナー、DVDプレーヤーなど外部映像機器を接続するためのユニットで、TVキャンセルをせずに走行中に映すことができます。取り付けはMINI純正コネクターで接続するので、純正ハーネスの加工は不要!

CANコントローラー内蔵でメインメニュー呼び出しボタンとジョイスティックを使用してのAV入力/PinP2画面、地デジのコントロール(※)/リバースギア連動のバックカメラ表示機能を搭載。マニュアルミッション車にも対応します。

※コントロールできる地上波デジタルチューナー

パナソニック:TU-DTX600/DTV60、TU-DTX400およびTU-DTV40

パイオニア:GEX-909DTV(別売りのDBL-PCCは必要ありません。)

パイオニア:GEX-P90DTV(別売りのDBL-PCCが必要となります。)

アルパイン:TUE-T440/T220(別売りのDBA-ARCが必要となります。)

データシステム:HIT7700

 

  • ■ 機能1 MINIはメインメニュー呼び出しボタンおよびジョイスティックによるコントロール!

  • 2画面切り替え、PinP表示のポジション切り替え、地上デジタルチューナー(※1)のチャンネルUP/DOWNをジョイスティックで、映像入力切り替えをメインメニュー呼び出しボタンで操作可能。
  • 地デジチューナー付属のリモコンで初期設定をしてしまえばリモコンがなくても基本操作が可能!
  • (※1) パナソニックTU-DTX600/DTV60、TU-DTX400/DTV40、パイオニアGEX-909DTV(別売りのDBL-PCCは必要ありません。)、 パイオニアGEX-P90DTV(別売りのDBL-PCCが必要となります。)、アルパイン:TUE-T440/T220(別売りのDBA-ARCが必要となります。)、データシステム:HIT7700
  • 7(F01)、5(F07/F10/F11)、6(F12/F13)、X3(F25)はiDriveコントローラーでのコントロール、HighSpeed-CAN仕様車両はオーディオパネルでのコントロールとなり、ステアリングでのコントロールはできません。
  • ■ 機能2 AV画面と純正画面の2画面表示(ピクチャーインピクチャー)(※2)

  • AV画面はフルスクリーンと純正画面/地上デジタルTVとの2画面表示が可能です。
  • AV画面の上にピクチャーインピクチャーで純正画面が表示されます。表示した純正画面はジョイスティックで任意の表示位置(右上/右下/左下/左上)へ変更可能です。
  • ※画面色味や輝度が純正画面と若干異なります。
  • (※2)PinP表示の反転機能はできません。
  • ■ 機能3 バックカメラ映像の表示(※3)

  • バックカメラの取り付け時にバックカメラ映像のフル画面表示およびパーキングアシストラインの表示が可能。パーキングアシストラインはジョイスティックで車種に合わせて幅/角度などの位置調整も可能です。
  • なお、バックカメラを装着していない車両はリバースギア連動で純正画面が表示しますが、設定によりリバースにしてもAV1、AV2をそのまま表示させることが可能です。
  • (※3) 標準装備及びメーカー(ライン)オプションの純正パーク・ディスタンス・コントロール装備車の場合は純正パーク・ディスタンス・コントロール画面は表示しなくなります。
  • ■ 機能4 フロントカメラコントロールユニットを標準装備(※4)

  • 本機のMENU設定でアルパイン マルチビュー・フロントカメラ「HCE-C212FD」/「HCE-C250FD」をジョイスティックで操作(フロントカメラの表示、アングル切替え)することが可能になります。HCE-C200シリーズ用電源BOX「KCX-C200B」の機能を内蔵しましたので、別途用意する必要ありません。
  • (※4)フロントカメラはフルスクリーンのみの表示となり、純正画面との2画面表示はできません。
  • ■ 機能5 iPodを接続し純正モニターへ曲目を表示可能(※5)

  • オプションのiPod接続用ケーブルを使用することによりiPodをDockで接続することが可能。車両からのコントロールおよび純正モニターへの曲名表示もおこないます。
  • (※5)LightningコネクタのiPodは接続できません。また曲名表示はiPodに登録してある曲名となり、表示順が異なります。なお、iPodの機種により正しく動作しない場合もあります。
    ※ オプションのiPod接続用ケーブルは後日発売予定です。
  • ■ 機能6 新設計の音声回路を搭載!

  • 歪みやノイズに強い音声回路を新たに設計し、入力した音声をクリップすることなく出力します。製品本体が大きくなりますが音声セレクターに半導体を使用していませんので、入力音源を忠実に出力します。製品本体を小さくするより音質にこだわりました。
  • ■ 機能7 AV画面出力を装備!社外モニターにAV画面を表示可能!

  • リアモニター出力用にAV1、AV2を出力できるAV OUT出力端子を用意しました。
  • ■ 機能8 エンジン・オート・スタート/ストップ機能に対応!

  • エンジン・オート・スタート/ストップ時でも純正画面およびAV画面を安定した画像でご覧頂けます。
  • ■ 機能9 初期純正システム保持機能!

  • エンジンをスタートさせてから、一度も地デジ表示の操作やシフトレバーをリバースに入れてのリアカメラ表示など本機の操作をおこなわない場合は車両のシステムは純正状態を保持していますので、この状態で車両の点検を診断機(DIS)で実施することができます。また、エンジンをスタートさせてから、地デジ表示の操作やシフトレバーをリバースに入れてのリアカメラ表示などをおこなっても付属のインターフェース電源用トグルスイッチをOFFにすれば、いつでも車両のシステムを純正状態にすることができます。(※車両点検前に本機の操作を一度でもおこなった場合は、エンジンを一度停止するかインターフェース電源用トグルスイッチをOFFにする必要があります。)
  • ■ 機能10 イグニッション電源駆動!

  • 本機の駆動電源はイグニッション電源を使用しているため、車両のエンジン停止後の待機電力はゼロです。バッテリーに負荷がかからない省エネ設計を実現しているのは当社の製品のみです。
  • ■ 機能11 弊社独自機能のジョイスティックによる本体メニューのセットアップ機能を搭載!

  • ワイヤレス/ワイヤードリモコンを取り付ける必要がありません。AV1/AV2/リアカメラ画面の画質/色調/基本メニュー/パーキングアシストライン調整など全ての設定を車両のジョイスティックコントローラーで設定できます。
  • この商品のお求めは取扱店にて

仕  様 ・本体 幅 約175mm×高さ 約20mm、奥行き 約98mm
 (コネクター部、取付け固定用耳部分含む)
・純正モニター接続用ケーブル×1 長さ 約100cm
・RCA入力AVマルチケーブル×1 長さ 約500mm、
 地デジリモートケーブル×1
・CAN-Bus接続ケーブル/電源ケーブル、
 地デジリモコン受信部接続用延長用ケーブル×1
・車両点検用電源スイッチ付属、
 取り扱い/取り付け説明書付き
・映像/音声入力(NTSC)RCA端子×2
 リアカメラ入力(NTSC)RCA端子×1およびマルチ・ビューフロントカメラ
 「HCE-C212FD」/「HCE-C250FD」専用端子、12V電源仕様
・映像/音声出力(NTSC)
 RCA映像端子×1(MINIはAV画面のみで純正画面の出力はしません。)
 RCAステレオ音声端子×1
対応車種 ・MINIビジュアルブースト装備車の下記車種
・MINI CLUBMAN (R55)
・MINI (R56)
・MINI CONVERTIBLE (R57)
・MINI COUPE (R58)
・MINI ROADSTER (R59)
・MINI CROSSOVER (R60)
・MINI PACEMAN (R61)
対応機種 ・映像出力がRCA端子の映像機器およびバックカメラ。

※メーカーや機種により正常に表示しない場合があります。

※車両の外部入力用端子(純正AUX-IN)を使用して、地上デジタルTVのステレオ音声を入力します。

  • 【下記制限および注意事項を必ずご確認、ご承知の上お買い求めください。】
  • ● 2010年10月以降MINIビジュアルブースト装備車のMINI CLUBMAN(R55)、MINI(R56)、MINI CONVERTIBLE(R57)、MINI COUPE(R58)、MINI ROADSTER(R59)、MINI CROSSOVER(R60)、MINI PACEMAN(R61)に対応します。
  • ● オプションのマルチファンクションステアリング装備車は地上デジタルTVのチャンネルコントロールをマルチファンクションステアリングでも操作できます。
  • ● 運転者が車の走行中にカーナビ/テレビ画面を操作及び注視することは道路交通法で禁止されています。運転者が走行中に画面切換え操作をすることは、大変危険ですので絶対に行わないでください。
  • ● 標準装備及びメーカー(ライン)オプションの純正パーク・ディスタンス・コントロール装備車にバックカメラを取り付けた場合はPDC画面が表示しなくなります。。
  • ● 音声入力(音声セレクター機能)がありますが使用した場合、接続する機器によりノイズなどが発生したり接続機器の音声出力レベルにより音声が歪むことがありますので、ご了承ください。地上デジタルTVのみ接続した場合は音声を純正AUX-INへ直接接続することをお奨めします。
  • ● 音声は純正AUX-INを使って純正オーディオへ入力します。
  • ● この製品は日本仕様の車両に適合するように日本での開発およびテストをおこなっておりますが、車輌によりノイズが出る場合がありますので、あらかじめご承知の上お買い求めください。車両との相性もあるため弊社では一切対応できません。
  • ● DBL-FX3の取付け場所により純正ハーネスとの接続が届かない場合は、純正ハーネスの引き回し経路を変更する必要があります。

お問い合わせ TEL:045-392-5601 MAIL :sales@digital-works.info 営業日・時間 月曜日から金曜日 午前10:00~後6:00

  

弊社製品についてのご案内

弊社製品は自社で開発をおこなっており、各車両で採用されているメーカー正規部品を使用して生産をおこない最終組み立てを日本でおこなっております。また、独自開発の製品シミュレーターおよびBMWジャパンが正規輸入した日本仕様の車両で1台ずつ出荷前点検や実装テストをおこなっております。
また、ビデオインターフェースやナビゲーションインストリングキットなど、一部の製品はBMW純正アクセサリーに採用されています。

弊社製品のご購入についてのご案内

弊社ウェブサイトのオンラインショップページに掲載しております製品以外は全て弊社製品取り扱い店様での購入および取り付け製品となりますので、ご購入および取り付けはお近くの弊社製品取扱店様でお願い致します。 なお、オークションなどで購入した弊社製品につきましては、取扱(取付け)説明書の再発行などはおこなっておりませんので、ご了承ください。また、中古車に装着されていた場合の弊社製品につきましても、弊社では履歴や状況がわかりませんので、ご購入された中古車販売店にお問い合わせください。

類似品・模倣品にご注意下さい

最近、車両用インターフェースを販売する旨の案内メールが海外業者より送信されておりますが、使用されている写真につきましては弊社ホーム ページより無断引用されたものであり、製品につきましても弊社の類似品および模倣品で、 弊社の製品とは一切関係ありませんのでご注意ください。類似品、模造品はコストを下げるため正規部品を使用していない製品となっております。なお、日本国内でこのような製品を輸入し、素性を隠して自社開発製品と謳い販売している会社がございますので、十分にご注意くださいますようお願い申し上げます。

デジタル放送への対応はお済みですか?